So-net無料ブログ作成

ひと手間を惜しむな [ダイエット]

ダイエットは基本的には簡単な算数じゃ。

摂取カロリーの合計 < 消費カロリーの合計

ならば痩せていくし、逆なら太る。 それだけのことじゃ。

じゃが、一方でそう簡単には行かない側面もある。人間のカラダのことじゃから、精神的な面が多分に影響する。

「食べたハナからカロリー燃焼」で、食事誘導性熱産生(DIT)を最大限に活用する極意として

「其の三:わくわくする食事を心がけよ」

と書いたのを覚えておるかの。

同じように満腹するまで食べたとしても、どんな気分で食事をするかによって、事実太ることもあれば、そうでないこともあるのじゃよ。

「ストレス太り」という言葉を聞いた事があるじゃろ?

ストレスにさらされていると、
・ 満腹感を感じるしくみがうまく働かないので過食になりやすい
・ 同じ摂取カロリーでも体脂肪として蓄積されやすい
・ 代謝が低下してカロリーを消費しにくい

等、太る悪条件がそろってしまうのじゃ。

さて、今日のテーマは、
「わくわくする食事のしたく」
じゃ。

同じカロリーのものを食べるにしても、口に入れるまでの過程によって、それが太る原因になることもあるし、太らない食事にすることもできるのじゃよ。

助平な言い方をお許しいただければ、ようするに
「前戯の手抜きをするな」
ということじゃな。

食事の支度、盛り付け、薬味の準備などに工夫しているその時間、あなたの脳の中では、「これで食事がもっとおいしくなる」という期待感が自然に高まっておる。しかし実際にそれを口に入れるまでは、本当においしいかどうかはわからない。この「もどかしさ」が大事なのじゃ。

1. こうするともっとおいしいかも・・・

2. どうかな? どうかな? (パクッ!)

3. キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

これで脳内快感物質でまくり、ストレス一発解消、というワケじゃ。

仙人のわしから見ると、現代人は何につけ安直に手に入れることばかり求めすぎておる。実に残念なことじゃ。何かを達成する前にまず「もどかしさ」を体験することで、最後に快感とともに報酬を手にする事ができるのじゃよ。

安易にレトルト食品、菓子パン、コンビニ惣菜、カップめんなどインスタント系の食事ばかりしておると、この快感回路を使う機会がなくなってしまう。

朝は時間がない、夜は疲れて帰ってきて、少しでも簡単に済ませたい。その気持ちはよ~くわかる。じゃがそこであえてひと手間を惜しまずに、ちょこっとでも準備に手をかけることで、この脳内快感回路を活かす事ができ、満腹するまで食べても太らない生活ができるのじゃよ。

なに、簡単なことじゃ。たとえば・・・

・ 冷奴にチューブのショウガを使わずに、ちゃんとおろして使う

・ レトルトのカレーを作るとき、温めている間にシシトウ1、2本を軽くカレー粉で炒め、それをご飯に載せてからカレーをかける

・ 菓子パンやサンドイッチも時にはトースターであぶってみる

・ 惣菜はちゃんとした器に盛りつけて食べる

そんな些細なことでよいのじゃ。ファーストフードは全面的にいかん、と言っているわけではない。ファーストフードも、スローにする工夫次第なのじゃよ。


2006-06-07 12:20  nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。